中国政府、感染拡大の香港に医療支援チーム初派遣

JNN/TBS
2020年8月2日 (日) 07:59

中国政府は、新型コロナウイルスの感染が拡大している香港に初めて医療チームを派遣することを明らかにしました。香港で高まる中国への警戒感を緩和する狙いもあるとみられます。

中国の国家衛生当局は1日、香港政府の要請に応じ、広東省からPCR検査を支援するおよそ60人の医療チームを香港に初めて派遣すると発表しました。このうち、先遣隊7人は2日に到着するということです。

香港では連日、一日あたりの新規感染者が100人を超えていて、先月31日、感染拡大を理由に、9月に予定されていた立法会議員選挙の1年延期が発表されていました。

中国政府としては今年6月、「香港国家安全維持法」が制定されて以降、香港で高まる中国に対する警戒感を緩和する狙いもあるとみられます。(02日02:34)