北陸・東北南部が梅雨明け、気象庁

JNN/TBS
2020年8月2日 (日) 12:02

気象庁は2日、北陸と東北南部が梅雨明けしたとみられると発表しました。

北陸地方は太平洋高気圧に覆われ、この先1週間、晴れる日が多くなると見込まれることから、新潟地方気象台は午前11時、北陸が梅雨明けしたとみられると発表しました。

国の特別名勝、金沢市の兼六園でも、午前中から青空が広がり、マスクをつけた観光客が日傘を差したり、帽子をかぶって暑さをしのぎながら、散策を楽しんでいました。

「やっとかという気持ちが一番大きい」(観光客)
「暑い。マスクがやっぱり」(観光客)
「今年に入ってからコロナに振り回されているので、四季を感じることもなく今まできてしまったので、夏、秋、冬を楽しめるような1年になれば」(地元の人)

北陸の梅雨明けは去年より9日遅くなりました。(02日11:31)