トランプ氏、新型コロナで防戦一方 大統領選まで3週間弱

JNN/TBS
2020年10月16日 (金) 19:51
トランプ氏、新型コロナで防戦一方 大統領選まで3週間弱

アメリカ大統領選挙まで3週間を切る中、再選を目指すトランプ大統領ですが、新型コロナウイルス対応への批判を跳ね返すことができず、防戦に追われる場面も見られています。

「現在、民主党のバイデン候補はABCテレビで対話集会を行っています。一方でトランプ大統領も、それにぶつける形でNBCテレビの対話集会に登場しました」(記者)

15日、NBCテレビの対話集会に出席したトランプ大統領。これまであまり着用していなかったマスクについて参加者から追及されると・・・
「ご自身が新型コロナに感染して、マスクの重要性についての考えは変わりましたか?」(参加者)
「いいえ、だってマスクについては前から良いものだと思っていましたから」(トランプ大統領)

一方、先月、ホワイトハウスでのイベントに出席後、感染したトランプ陣営のクリスティー前ニュージャージー州知事は、ニューヨーク・タイムズとのインタビューで「マスクをつけなかったのは間違いだった」と振り返っています。

そして、民主党のバイデン候補も、ABCテレビでトランプ氏を非難しました。
「『心配するな、(新型コロナは)夏が来て暑くなれば、奇跡のように消え去る』と、トランプ大統領はまだそんなことを言っている」(民主党 バイデン候補)

トランプ氏は16日以降も、選挙集会に臨む予定ですが、感染拡大に歯止めがかからないうえ、批判を跳ね返す新たな材料も出てきていません。激戦州での平均支持率も軒並み、バイデン氏にリードされていて、厳しい戦いを強いられています。(16日16:36)