水際対策で1都3県知事が国に要望

JNN/TBS
2020年10月17日 (土) 01:37

東京都の小池知事など1都3県の知事は、西村経済再生担当大臣と会談し、コロナ対策として空港などでの水際対策の徹底を要望しました。

国が10月から新型コロナウイルス対策の入国制限を大幅に緩和したことを受け、1都3県の知事は西村大臣や田村厚生労働大臣に水際対策の徹底を要望しました。

「来年2020大会の開催にもつながっていくためにもですね、今どのような対策を講じていくかというのは極めて重要な課題であるということでございますので」(東京都 小池百合子 知事)

各知事は、入国者に接触確認アプリの利用を義務付けるなど、濃厚接触者の行動追跡ができるよう要望。また、「入国者が陽性だった場合の入院先や宿泊療養施設の確保」や、「各自治体の保健所に負担がかからないよう」制度の見直しを求めました。(16日20:52)