東証、システムトラブルに関する報告書を金融庁に提出

JNN/TBS
2020年10月17日 (土) 05:42

今月1日、東京証券取引所で取引が終日停止した問題について、東京証券取引所と親会社の日本取引所グループが金融庁に報告書を提出したことが分かりました。

報告書では、障害の直接的な要因であるシステム上の設定ミスが起きた根本的な原因について初めて説明しました。今後、同様の問題が発生した際の対応策なども盛り込まれ、週明けには報告書の内容を公表するとしています。

この問題をめぐっては、金融庁が金融商品取引法に基づいて詳しい原因や再発防止策などを報告するよう求める「報告徴求命令」を出していました。(17日00:29)