菅首相の「真榊」奉納に中国・韓国反応

JNN/TBS
2020年10月18日 (日) 00:40

菅総理が靖国神社に「真榊」と呼ばれる供え物を奉納したことについて、中国と韓国が相次いで反応を示しています。

中国国営の新華社通信は17日、菅総理の「真榊」奉納についての記事を配信しました。その中で、「菅総理は官房長官の任期中、真榊を奉納したことはなく、安倍前総理に倣ったものとみられる」と指摘。「靖国神社には第二次世界大戦のA級戦犯が祀られている」としたうえで、「中国側は断固として日本の要人の誤ったやり方に反対し、日本側に侵略の歴史を直視し、深く反省することを強く求める」と強調しました。

また、韓国外務省は、菅総理の「真榊」奉納を受け、「深刻な遺憾を表す」との報道官のコメントを発表。「過去の歴史に対する謙虚な省察と真の反省を行動で見せ、韓日関係の未来志向的発展への要求に応じるよう強く促す」としています。しかし、4月に安倍前総理が「真榊」を奉納した際に使われた「深い失望」という言葉は、今回、使われませんでした。(17日17:05)