日韓議連・河村幹事長が訪韓、徴用工問題などめぐり意見交換へ

JNN/TBS
2020年10月18日 (日) 08:19

日韓議員連盟幹事長の自民党の河村元官房長官が17日、徴用工問題などで悪化した日韓関係の改善に向け、韓国側の議員連盟幹部らとの会談のため韓国へと向かいました。

日韓議連幹事長の河村氏は17日、徴用工問題などをめぐり韓国側の与党代表のイ・ナギョン前首相や韓日議連のキム・ジンピョ会長らと会談するため、成田空港を出発し、韓国へと向かいました。

訪問は3日間の予定で、河村氏は「日本政府は韓国側の対応を待っている。進捗や韓国側が現状をどう考えているか聞きたい」と話していて、出発前には、こうした方針を菅総理に事前報告しています。

報告を受けた菅総理は日韓関係について、「現況は厳しいが、どう打開していくかが大事だ」などと述べています。(17日23:11)