菅首相が初外遊、ベトナム・インドネシアで首脳会談へ

JNN/TBS
2020年10月19日 (月) 00:53

菅総理大臣は、就任後初めての外国訪問先となるベトナムとインドネシアに向けて羽田空港を出発しました。

「日本はインド太平洋諸国として地域の平和と繁栄のために貢献をする。こうした決意を持ってですね、国の内外にしっかりと示していきたい」(菅首相)

就任後、初めての外遊でベトナム・インドネシアを訪れ首脳会談に臨む菅総理は、日本が提唱している「自由で開かれたインド太平洋」構想の実現に向けた両国との連携に意欲を示しました。

両国との首脳会談では、中国が海洋進出を続ける南シナ海問題などについて意見を交わします。また、新型コロナ感染拡大を踏まえ、マスクなど医療物資の供給網の拡大といった協力関係の強化を確認するほか、ベトナムとはビジネス関係者について入国後14日間の隔離を免除する方向での合意を目指しています。(18日15:53)