東京都医師会、GoToトラベル「一時中断を」

JNN/TBS
2020年11月21日 (土) 05:46

全国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都医師会の尾崎会長は政府のGoToトラベルキャンペーンを一時中断することを提言しました。

「1か月後には1000人を超えるような予測ができる状態で、なんとか、これを食い止めなければ大変なことになる。人の往来が激しくなっている状態を一度止めた方がいいのではないか」(東京都医師会 尾崎治夫 会長)

東京都医師会の尾崎会長は20日に開いた緊急会見で、「今の状態を放っておくと、医療崩壊に必ずつながる」と強い危機感を示し、政府のGoToトラベルキャンペーンを一時的に中断するよう訴えました。その上で、全国的な中断が難しい場合は、感染者の多い東京や北海道などの地域を対象から除外することや、遠方への旅行者には出発前の検査を徹底させることなどを提案しました。

また、尾崎会長は21日からの3連休について、身近な人以外との面会や5人以上の会食を避けるよう呼びかけました。(21日01:53)