警視庁男性警視が公用車を通勤に不正使用で懲戒処分

JNN/TBS
2020年11月21日 (土) 04:43

警視庁保安課の62歳の男性警視が、通勤で公用車や高速道路の無料通行券を不正に使ったとして減給の懲戒処分を受けました。

減給3か月の懲戒処分を受けたのは、警視庁生活安全部保安課の62歳の男性警視です。警視庁によりますと、警視は去年1月から今年4月にかけて台東区の勤務先と東京近郊の自宅までの間の通勤に公用車や、捜査で使われる無料の高速道路通行券およそ8万8000円分を不正に使用していたということです。

警視は「通勤の移動時間を短縮したかった」と話していて、20日付けで依願退職しました。(20日22:33)