菅首相、GoToトラベル見直し表明

JNN/TBS
2020年11月21日 (土) 23:25

新型コロナの感染拡大を受けて菅総理は、GoToトラベル事業の見直しを表明しました。

「GoToトラベル事業については、感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止するなどの措置を導入します」(菅義偉首相)

21日夕方に開かれた政府の対策本部で、菅総理はこう述べ、GoToトラベルについて地域を限定して新たな予約を止める方針を示しました。ただ、具体的にどの地域が「一時停止」の対象になるのかについては明らかにしていません。

一方、ちょうど政府の対策本部が開かれていた時間帯に取材に応じた東京都の小池知事は、GoToトラベルの継続の是非については政府の責任で判断すべきだと強調しました。

「国が主体的にお決めになるということが、10月1日に(GoToトラベルに)東京が加わったのも、そういう流れで行われたものと理解しております。しっかり国の方でご判断いただきたい。それが責任だと考えています」(東京都 小池百合子知事)

一方、飲食業の支援策GoToイートを巡って菅総理は、食事券の発行を一時停止することやポイントの利用を控えることなどを都道府県に要請する考えを表明しました。(21日20:50)