トランプ氏、選挙結果覆し自身への投票仕向け画策か

JNN/TBS
2020年11月22日 (日) 13:49

アメリカメディアは、トランプ大統領が、中西部ミシガン州の選挙結果を覆す狙いで、州議会議員と面会したと報じました。

アメリカの大統領選挙では、州ごとに割り当てられた数の選挙人が、来月、投票を行うことになっています。

こうしたなか、トランプ大統領は20日、バイデン氏の勝利が確実になっているミシガン州の共和党幹部2人とホワイトハウスで会談。アメリカメディアは、州議会で選挙結果を覆し、選挙人が自分に投票するよう仕向ける狙いだったと伝えました。

ただ面会した幹部は、「法律を守り、通常の手続きを進める」との声明を発表、トランプ氏の狙いは不発に終わったものとみられます。(22日11:20)