中国・習主席、G20でトランプ政権を暗にけん制

JNN/TBS
2020年11月23日 (月) 06:47

G20=主要20か国首脳会議の関連イベントで中国の習近平国家主席は、「G20は気候変動に関するパリ協定の促進のため主導的な役割を果たすべき」などと述べ、「パリ協定」から離脱したアメリカのトランプ政権を暗にけん制しました。

22日にオンライン形式で開かれたG20サミットの関連イベントで、習近平国家主席は、「地球はわれわれのふるさとだ。協力して気候環境分野の試練に対応しなければならない」と呼びかけ、二酸化炭素の排出量を2060年までに実質ゼロにする計画を改めて紹介。「G20は気候変動に関するパリ協定の促進のため主導的な役割を果たすべき」などと述べ、「パリ協定」から離脱したアメリカのトランプ政権を暗にけん制しました。

また、海洋プラスチックごみ問題への対応などで他国と協力を深める考えも強調していて、環境分野でも世界をリードしたいという思惑がにじんでいます。 (23日02:37)