空手パワハラ問題、香川氏辞任へ

JNN/TBS
2021年4月7日 (水) 16:43

東京オリンピック代表内定選手をめぐる空手のパワハラ問題。訴えられた強化委員長が、辞任の意向を文書で伝えました。

空手の東京オリンピック代表に内定している植草歩選手(28)が「パワハラを受けた」と訴えた全日本空手道連盟の香川政夫強化委員長(65)が、辞任届を提出したことが分かりました。香川氏は、兼任している全空連の理事も退く意向ということです。

香川氏は報道各社に送った文書で、「今回問題となった竹刀を用いた稽古及びその結果について、植草選手への配慮を欠いたものがあったことに対して、指導者として細部への気遣いが及ばなかったことは申し訳なく、たいへん悔やまれるばかりです」とコメントしました。

全空連は9日に臨時理事会を開き、辞任届の扱いや香川氏の処分について協議する見通しです。(07日15:28)