政令市で最後、横浜市立中学給食開始

JNN/TBS
2021年4月8日 (木) 12:46

全国の政令指定都市のなかで唯一、公立中学校の「給食」がなかった横浜市で保護者の要望を受け8日から給食が始まりました。

横浜市立の中学校ではこれまで生徒が弁当を持参するか民間業者が学校に配達する弁当を食べるかを選択する仕組みになっていて、全国の政令指定都市の中で唯一、「給食」が提供されていませんでした。

民間業者の弁当は学校給食法で定められた栄養素の基準を満たす必要がないことなどから、保護者からは学校給食法に則った「給食」を出すよう要望が寄せられていました。

こうした要望を受け横浜市は、市の栄養士が食材を管理し献立を作成したうえで、民間の業者に調理を委託する形で「給食」の導入を決定。新学期に合わせて8日から提供が始まりました。(08日10:29)