【速報】池江璃花子選手 2種目めの代表内定

JNN/TBS
2021年4月8日 (木) 19:43

競泳の日本選手権に出場している池江璃花子選手(20)が、2種目めのオリンピック代表に内定しました。

自らが日本記録を持つ得意種目、女子100メートル自由形・決勝に臨んだ池江選手。準決勝では前半を抑えていましたが、この決勝では前半から積極的なレースを展開します。50メートルを2位で折り返すと、そこからギアを上げていく池江選手。持ち前の伸びやかな泳ぎで徐々に追い上げ、トップに立ちます。

なんとかリードを守り切り53秒98で優勝。400メートルリレーの派遣標準記録をクリアし、メドレーリレーに続いて、2種目めの代表内定です。

「予選からしっかり良いレースもできましたし、『決勝は絶対53秒台を出す』という目標を立てていたので、達成できてすごく嬉しいです」(池江璃花子 選手)
(08日18:18)