東京・京都・沖縄、政府“まん延防止”適用方針

JNN/TBS
2021年4月8日 (木) 22:15

政府は東京・京都・沖縄の3都府県について、「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めました。

「東京都のまん延防止重点策、このことについて、あす、専門家会議に諮ることを決定をいたしました」(菅義偉首相)

菅総理は8日夕方、関係閣僚らと協議した後、東京都へ“重点措置”を適用する方針を表明しました。適用する地域については、都と協議していて、23区に加え、多摩地区の6つの市を対象とする方向で調整していて、期間は今月12日から1か月程度とする方向です。また、京都府・沖縄県に対しても適用する方針を固め、9日に専門家らの意見を踏まえた上で正式決定します。(08日21:44)