中国軍が上陸作戦想定した訓練、台湾へのけん制か

JNN/TBS
2021年4月8日 (木) 22:16

中国の人民解放軍が台湾の対岸にあたる福建省で上陸作戦を想定した訓練を行い、その映像が公開されました。アメリカと台湾へのけん制とみられます。

水陸両用の装甲車が砲撃を行いながら海上を進んでいきます。これは、中国共産党の機関紙「人民日報」の海外版が7日、SNS上に公開した人民解放軍による訓練の映像で、台湾の対岸にあたる福建省南部で最近実施されたものだということです。訓練では部隊が上陸した後、進軍するルートを確保し、敵の陣地を奪うという上陸作戦の一連の流れが確認されたということです。

人民解放軍は、たびたび台湾海峡などで軍事演習を繰り返していますが、アメリカ軍も7日、ミサイル駆逐艦の台湾海峡通過を発表していて、今回の訓練もアメリカと台湾をけん制する狙いがあるとみられます。(08日20:14)