国立感染症研究所 “宣言”下に送別会

JNN/TBS
2021年4月9日 (金) 04:28

新型コロナ対策の中枢を担う国立の機関で飲酒を伴う送別会が開かれていました。

国立感染症研究所の職員や研修中の医師ら21人が、1都3県に緊急事態宣言が出されていた先月18日に飲酒を伴う送別会を開いていたことが新たに分かりました。

送別会は、東京・新宿区にある研究所内の職員食堂で、午後6時からおよそ1時間行われたということです。感染研の脇田所長は「マスクの着用など、感染防止策をとってはいたものの誤解を与える行為だった」と謝罪しました。(09日00:17)