飲酒運転の19歳事故 ドア外れ同乗の少年死亡

JNN/TBS
2021年5月3日 (月) 12:48

3日早朝、茨城県日立市で、19歳の少年が運転する車が道路脇のポールに衝突して後部座席のドアが外れる事故があり、一緒に乗っていた少年が車外に投げ出されて死亡しました。

3日午前5時半ごろ、日立市の市道で、ミニバンが急な左カーブを曲がりきれず、対向車線を超えて道路脇のポールに衝突。弾みで、右側後部座席のスライドドアが外れたため、後部座席に乗っていた酒井龍斗さん(19)が車の外に投げ出されました。酒井さんは頭などを強く打っていて、病院に運ばれた後、死亡しました。運転していた19歳の少年と、助手席の少年にけがはありませんでした。

運転していた少年の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたということで、警察は、飲酒運転と過失運転致死の疑いで少年を逮捕しました。(03日11:45)