コロナ「重症者」過去最多 感染ピーク前に“第3波”超え

JNN/TBS
2021年5月3日 (月) 21:46

新型コロナ感染者のうち「重症者」の人数が、2日、3日と、過去最多を更新しています。

新型コロナ感染者のうち、人工呼吸器をつけるなどして主に集中治療室に入院している患者について、国は「重症者」としていますが、その人数は2日の厚労省の発表で、およそ3か月ぶりに過去最多を更新しました。3日はさらに34人増えて、1084人となっています。

「第3波」の時は1日あたりの感染発表がピークを超えてから3週間近くたった後に重症者のピークが来ましたが、今回は感染拡大のピークがまだ見えない中で、重症者が第3波の最多人数を超えた形です。

休日には検査が減ることを受けて、新規感染者の発表が少なくなる月曜日ですが、東京では先週月曜日の425人から一気に300人近く増えて、708人となっています。大阪も月曜日としては過去2番目に多い、847人です。(03日18:40)