東京五輪 無償でドクター200人募集

JNN/TBS
2021年5月4日 (火) 05:40

東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて、大会組織委員会が日本スポーツ協会を通じて200人程度のスポーツドクターを募集していることがわかりました。

組織委員会が募集しているのは、日本スポーツ協会公認のスポーツドクター200人程度です。

関係者によりますと、交通費は支給しますが、謝礼は支払わないボランティアとしての扱いだということです。活動は競技会場の医務室などで熱中症や新型コロナの疑いがある人の診療などで、1日9時間程度、数日間従事することを条件としています。

組織委員会は先月にも日本看護協会に看護師500人の確保を依頼していますが、感染拡大が続く中、医療スタッフの確保が課題となっています。(04日02:15)