走行中の車からロケット花火“乱射” 後続車など被害、警察が捜査

JNN/TBS
2021年5月4日 (火) 13:58

神奈川県横須賀市で、車からロケット花火を乱射しながら走行する危険運転の一部始終を、カメラがとらえました。

走行中の車に、突然火花が。撮影者を追い越した車の窓から放たれているのは「ロケット花火」です。

先月29日の深夜に、横須賀市の県道でドライブレコーダーがとらえたこの映像。映像から、ロケット花火は車のボンネットや周辺の住宅に向けて、少なくとも10発が打ち込まれていることがわかります。

「問題の動画が撮影された道路沿いには、多くの住宅が立ち並んでいます」(記者)

危険運転が繰り返されたのは京急久里浜駅に近い住宅街。住民は恐怖と憤りをあらわにしています。
「本当にちょっと怖いなっていうことと、あり得ないって思いましたね。度が過ぎる。やり過ぎのレベルじゃないですよね」(近所の人)
「万が一どっかに入って、火事になったら困るじゃないですか」

映像をとらえた車には3発のロケット花火があたり、所有者の男性は警察に通報した上で、ドライブレコーダーの映像を提出したということです。男性によると、花火を発射した車は、時速100キロくらいで走り去ったということで、警察が情報提供に基づいて捜査を進めています。(04日11:38)