菅首相 緊急事態宣言解除をめぐり“判断が難しい”

JNN/TBS
2021年5月5日 (水) 04:00

菅総理は、感染症の専門家らに対し、緊急事態宣言の解除は“判断が難しい”との認識を示しました。

菅総理は4日、総理公邸で、政府のコロナ分科会のメンバーでもある岡部内閣官房参与らとワクチンの確保状況や緊急事態宣言を解除すべきかなどについて意見交換を行いました。

「判断は苦しいところで、いろいろ意見を聞いているところだと思うんですよね。(首相は)『数字は下がりませんね』ということをおっしゃっていましたけどね」(岡部信彦内閣官房参与)

菅総理は、連休中でデータが不安定ということもあって、“宣言の解除を巡る判断は難しい”という認識を示したということです。

また、「まん延防止等重点措置」の適用を要請する自治体が増えていることをめぐり、岡部氏が「なるべく早く対策を取った方がいい」と伝えたところ、菅総理も同意していたということです。(05日00:24)