新型コロナの影響 米国の3月貿易赤字が過去最大

JNN/TBS
2021年5月5日 (水) 15:31

アメリカの3月の貿易赤字は、新型コロナウイルスのワクチン接種の拡大や追加経済対策の効果で消費が好調だったことから8兆1000億円あまりとなり、単月として過去最大を更新しました。

アメリカ商務省が発表した3月の貿易統計によりますと、モノとサービスを合わせた貿易赤字は、前の月に比べ5.6%増えて744億ドル=8兆1000億円あまりでした。新型コロナウイルスのワクチン接種の拡大や現金給付を含む200兆円規模の追加経済対策が消費を押し上げ輸入が大幅に拡大したためで、単月の貿易赤字としては過去最大となりました。

中国に対する貿易赤字は12.5%増えて276億ドル=3兆円あまりに、日本に対する赤字も46.4%増えて58億ドル=6300億円あまりとなっています。(05日10:34)