5歳児に殴る蹴る 44歳親戚の男逮捕

JNN/TBS
2021年6月9日 (水) 20:01

8日、栃木県宇都宮市で親戚の5歳の子どもに暴行を加え3か月のけがをさせたとして、パート従業員の44歳の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは宇都宮市のパート従業員・小森安男容疑者(44)です。小森容疑者は4月23日の深夜から早朝にかけて、同居する親戚の男の子(5)に殴る蹴るなどの暴行を加え腹部の内出血など、3か月のけがをさせた疑いがもたれています。

暴行があった日に、通っている保育園の職員が男の子の体にあざなどを見つけ、児童相談所に相談したことから発覚したということです。

警察によりますと、小森容疑者は暴行をしたことは認めていますが、けがになるほどではないとして容疑を一部否認しています。警察は日常的に虐待が行われていた疑いもあるとみて調べを進めています。(09日14:33)