韓国ワクチン接種者 来月にも隔離免除での海外旅行可能に

JNN/TBS
2021年6月9日 (水) 21:41

韓国政府は、来月にも新型コロナワクチンの接種を終えた人に対し、感染状況が安定している国との行き来の際には隔離を免除し団体旅行を認める方針を示しました。

「海外旅行は、多くの国民が期待しており、日常回復のきっかけになるだろう」(金富謙〔キム・ブギョム〕首相)

韓国政府は9日、新型コロナウイルスの感染が抑えられている国との間で隔離期間なしで渡航できる「トラベルバブル」を推進すると表明しました。対象となるのはワクチンの接種を終えた人で、PCR検査で陰性が確認されれば、到着後の隔離が免除されます。

韓国政府は、シンガポールなどとトラベルバブルの導入を協議していて、来月にも団体旅行を認める方針です。韓国では、9日午前0時時点で人口の4.5%にあたるおよそ233万人が2回の接種を終えています。(09日16:23)