客引きによる風俗トラブルで男を逮捕 「罰金を支払え」と現金要求

JNN/TBS
2021年6月10日 (木) 12:32

東京・池袋で風俗店とトラブルになった男性から現金60万円を脅し取ろうとしたとして、元客引きの男が警視庁に逮捕されました。

恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、元客引きの河合友章容疑者(34)です。河合容疑者は今年3月、池袋で客引きを通じて派遣型風俗店を利用した20代の男性から、現金60万円を脅し取ろうとした疑いがもたれています。

男性が風俗店の女性とトラブルになり、「責任者を出せ」と言うと河合容疑者がホテルに現れ、「客引きを利用すること自体が犯罪」「罰金60万円を支払ってもらう」などと言って、男性をATMに連れて行ったということです。

河合容疑者は容疑を否認していますが、池袋地区では去年、客引きグループに金を脅し取られる被害が5000万円以上報告されていて、警視庁は「客引きは違法行為で、だまされないでほしい」と注意を呼びかけています。(10日11:42)