アメリカでブーム!?セミチョコ

JNN/TBS
2021年6月10日 (木) 17:37

アメリカでは、大量発生しているある生物を使ったチョコレートが話題になりつつあるようです。

メリーランド州のチョコレートショップ。ここで作られている一見、普通のチョコレートに見える商品ですが、いま話題になっているあるものが使われています。お店の裏でも入手できるというその材料は・・・セミ。「ブルード・X」と呼ばれるセミで、いま、アメリカ東部で大量発生しているのです。

集めてきたセミはまず茹でてきれいにし、ノンフライヤーでカリっと揚げたあと、シナモンなどをふりかけてチョコレートで閉じたら完成です。

「チョコレートとシナモンとセミが合わさると、大都市で歩いている時に道端でナッツをローストした香りに出会ったような、ホリデー気分になります」(チョコレート店店主 サラ・ドワイヤーさん)

このチョコレートは12個で22ドル=およそ2400円で、ここのところ注文が殺到し、対応には10日ほどかかるということです。ただ、FDA=食品医薬品局は今月2日、ツイッターに「セミはエビやロブスターと近縁関係にあるので、甲殻類へのアレルギーがある人は食べないで」と投稿し、不用意に食べないよう注意喚起しています。(10日10:48)