菅首相 G7出発、1時間40分遅れ

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 07:17

菅総理は11日からイギリスで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議に出席のため、10日夜、日本を出発しました。政府専用機のトラブルで出発は1時間40分遅れました。

「東京大会については感染対策を徹底し、安全安心の大会を実現する。こうしたことを説明をして理解を得たい」(菅義偉 首相)

出発に先立ち菅総理は、新型コロナ対策やオリンピック開催に向け各国首脳に理解を得ることなど、G7に対しての意気込みを語りました。

菅総理は10日午後7時ごろに出発の予定でしたが、政府専用機に不具合が見つかったことから、搭乗したスタッフは予備機に乗り換えておよそ1時間40分遅れて出発しました。

G7サミットは、11日から13日の予定で開催されます。(11日00:53)