米英首脳が「新・大西洋憲章」発表 ロシアや中国への対抗を意識

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 06:49

イギリスで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議に先立ち、イギリスのジョンソン首相とアメリカのバイデン大統領は、共同文書を発表しました。

ジョンソン首相とバイデン大統領は初の対面での会談を行い、「新・大西洋憲章」と題した共同文書を発表しました。「大西洋憲章」はもともと第二次大戦中、当時のチャーチル首相とルーズベルト大統領が、戦後の秩序の原則について記したものです。

今回は、気候変動やサイバー攻撃への対応での協力といったテーマのほか、「民主主義と開かれた社会」「ルールに基づいた国際秩序」など、ロシアや中国といった国々への対抗を意識した原則が記されています。

また、共同声明では、新型コロナの起源について「WHOの次の段階の調査を支持する」として中国をけん制しました。(11日05:25)