G7新型コロナ対策 各国報道機関も毎日簡易検査で陰性証明必要

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 12:11

コロナ禍で開催される今回のG7サミット、各国から集まる報道機関に対しても感染防止対策が徹底されています。

「私たち報道陣も毎日、検査で陰性証明が求められます」(記者)
「30分経過しました。結果は陰性です。これから取材に向かいます」(記者)

現地で取材する報道機関は朝、簡易検査の結果の登録が義務付けられ、取材拠点となっている国際メディアセンターに入る際には検査結果が陰性だったと証明する必要があります。

「スマートフォンに送られてきた陰性証明とIDカードを照らし合わせて初めて会場に入ることができます」(記者)

メディアセンターでは机の間にアクリル板の仕切りが設置されているほか消毒のため常時待機する作業員が使い終わった机を速やかに拭くなどの感染対策がとられています。ただ、10日にはドイツ政府の代表団の一部などの宿泊先のホテルで複数の従業員に陽性反応が出たためホテルが閉鎖される事態も起きています。(11日11:20)