接種 大手企業の準備着々と進む “早ければ来週にも”

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 18:53

新型コロナワクチン担当の河野大臣は、“職場接種”について、“早ければ来週にも開始できるところがある”と明らかにしました。大手企業の職場接種は着々と準備が進められています。

「(職場接種について)1583会場の申請になりました。多くの企業が職域接種、手をあげてくださっていること、いま考慮していただいていることに感謝申し上げたい」(河野太郎行革相)

河野大臣は職場接種の申請が1583件にのぼることを明らかにしました。また、河野大臣は、“早ければ来週にもスタートできるところもある”としていますが、日本航空と全日空が早ければ来週14日にも職場接種を始める方向で調整していて、国際線のパイロットや客室乗務員らが対象になるということです。

こうした中、ソフトバンクグループでは。

職場接種を21日から始めるにあたり、リハーサルを公開しました。会場となるのは、出資するシェアオフィス。スムーズな接種ができるように案内する道順や・・・

「車イスが通ります」(担当者)

急に体調が悪くなった人が出た時の動きなどを確認しました。この会場で1日1000人ほどの摂取を目指すといいます。

「全国10か所以上ですね、会場をどんどん作りながら、ノウハウを広げながら展開していく」(ソフトバンク 青野史寛専務執行役員)

ソフトバンクグループはグループ社員や家族を含めて、およそ11万人を対象にワクチン摂取の準備を進めるとしています。(11日17:05)