G7 首脳会談今夜開催へ 2年ぶりの“対面サミット”

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 19:03

G7=主要7か国の首脳会議が日本時間の11日夜、イギリスで始まります。厳しい新型コロナの感染対策の中の異例のサミットとなりそうです。

G7サミットに初めて出席するためイギリス・コーンウォールに到着した菅総理。日本がすでに打ち出している途上国に対する10億ドルの新型コロナワクチン支援について説明するほか、来月の東京オリンピック開催に向けて、各国の支持をあらためて取り付けたい考えです。また、首脳会議では新型コロナで打撃を受けた経済の再生や安全保障などで対立を深める中国、ロシアとどう向き合うのかも大きなテーマとなります。

去年は、新型コロナの影響などでテレビ会議だったG7サミット。対面形式は2年ぶりで、久しぶりに首脳が一堂に会する姿は、感染対策が進んできたことを印象づけそうです。

一方で、新型コロナワクチンをめぐっては、豊かな国と途上国との間で供給に格差が生じ、批判の声が上がっています。議長国のイギリスは、G7首脳が全世界に10億回分のワクチンを提供することで合意する見通しだと発表していて参加国の取り組みをアピール、中国やロシアによる「ワクチン外交」に対抗する意味合いもありそうです。(11日16:57)