医療的ケア児支援法成立 人工呼吸器やたん吸引が必要な子ども支援

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 21:52

恒常的に人工呼吸器などを必要とする子どもたちやその家族を支援する法律が成立しました。

「全会一致を持って可決されました」(山東昭子 参院議長)

超党派の議員が提出していた医療的ケア児支援法は11日の参院本会議で、全会一致で可決・成立しました。医療的ケア児支援法は、全国に2万人以上いるとされる人工呼吸器や、たんの吸引などを必要とする子どもたち、いわゆる「医療的ケア児」やその家族を支援するものです。

医療的ケア児に対しては現在、登校時に保護者の同伴を求められたり、看護師が必要であるにもかかわらず財政上確保できない自治体があるなど、支援の格差が広がっていました。この法律では、基本理念として子どもの居住地域に関係なく、等しく適切な支援をすることを国や地方自治体の責務としています。

自身も医療的ケア児の母親であり、法案を主導した自民党の野田聖子議員は・・・
「医療的ケア児という子どもたちが一生懸命生きているということ、この子たちが生きていくためには、計り知れない親の犠牲の上に成り立っているという不自然なこと、これをまず周知徹底していきたいと思います」(自民党 野田聖子 幹事長代行)
(11日18:03)