横浜IRへセガサミーHD応募 最大1200億円投資も シンガポール大手らと

JNN/TBS
2021年6月11日 (金) 22:41

ゲーム大手の「セガサミーホールディングス」は、海外のカジノ事業者などと共に横浜市の「カジノを含むIR・統合型リゾート」の誘致計画へ応募したと発表しました。

横浜市の誘致計画に応募したのは、セガサミーとシンガポールのカジノ大手「ゲンティン・シンガポール」や大手ゼネコンの鹿島建設など6社のグループです。2020年代後半の開業を目指し、セガサミーだけでも最大およそ1200億円を投資するということです。

誘致計画には他にも、マカオでカジノを運営する「メルコリゾーツ&エンターテインメント」なども応募しているとみられ、今年の夏にも事業者が決まる見通しです。

横浜市は8月に市長選を控えていますが、この誘致計画が大きな争点となっています。(11日20:42)