小池知事、自身めぐる党首討論での菅首相発言に初コメント

JNN/TBS
2021年6月12日 (土) 01:52

国会で行われた党首討論での東京都の小池知事をめぐる菅総理の発言について、小池知事が11日、初めてコメントしました。

「開催する都市は東京都。東京都があまり出ない。総理が矢面に立って、攻撃されている。東京都知事の小池さんがもっと出ないと私はいかんと思うんですよ」(日本維新の会 片山虎之助 共同代表 9日)
「私が申し上げたいことを言っていただいて大変うれしく思う」(菅 義偉 首相 9日)

菅総理は、今週行われた党首討論でのオリンピックの開催是非に関する議論などをめぐって、“総理自身が矢面に立たされているが、本来は小池知事がより前面に出るべき”との主張を歓迎する考えを示していました。

この国会でのやりとりについて、11日の会見で問われた小池知事は・・・
「国会ですから、そこにいない対象者について、あまり取り上げないのが普段の国会ではないかと思います。それがコメントですね」(東京都 小池百合子 知事)

そのうえで小池知事は、開催の是非をめぐる議論に自身はどう臨むかについて問われると、「オールジャパンでコロナ対策をしっかりやっていることを世界に伝える」などと述べるにとどめました。(11日20:10)