JTB本社ビルなど2棟売却 コロナ禍で旅行事業低迷 業績悪化

JNN/TBS
2021年9月14日 (火) 22:17

旅行大手のJTBが、東京・品川区の本社ビルなど2棟を売却していたことがわかりました。売却額は数百億円とみられます。

コロナ禍による旅行需要の低迷で業績が悪化していて、売却により財務基盤の立て直しを図ります。

JTBは、去年4月から今年3月までの1年間の決算で最終利益が過去最悪の1051億円の赤字となっていました。売却後も入居は続ける方針です。(14日10:06)