日米豪印の枠組み「クアッド」首脳会合開催に中国反発

JNN/TBS
2021年9月15日 (水) 01:11

「クアッド」と呼ばれる日本とアメリカ、オーストラリア、インドの4か国の枠組みの首脳会合がアメリカで開かれることを受け、中国政府は「排他的で小さな集団の行動」などと反発しました。

中国外務省 趙立堅報道官
「排他的で他国に対する小さな集団の行動は時代の流れに背き、人心が得られず、出口のないことだ」

中国・外務省の趙立堅報道官は会見で、アメリカが日米豪印4か国の枠組み「クアッド」による首脳会合を24日に開催すると発表したことを受け、反発しました。

また、自民党総裁選をめぐって、立候補を表明している▼岸田氏が中国を念頭に「人権問題担当の総理補佐官の新設」を掲げ、▼高市氏が「靖国神社参拝」を継続する意向を示し「アメリカと中国を説得したい」と話していることに関しては、「中国の内政は外部勢力の干渉を許さない。日本の“政治屋”は中国を問題とすることをやめるべきだ」とけん制しました。(14日19:39)