アフガンでアルカイダ再建の動き「1~2年で米本土への驚異に」

JNN/TBS
2021年9月15日 (水) 22:51

アフガニスタンで、国際テロ組織「アルカイダ」が再び脅威となるおそれが出ています。

CBSテレビなどによりますと、アメリカ国防総省の情報機関・国防情報局のベリエ長官はワシントンで14日に開かれた会合で、国際テロ組織「アルカイダ」がアフガニスタンで勢力を立て直し、今後1~2年の間にアメリカ本土への脅威になるおそれがあるとの見方を示しました。

また、同じ会合で、CIA=中央情報局のコーエン副長官は、「アルカイダ」の構成員がすでに一部アフガニスタンに戻ってきていることを明らかにし、「活動を監視している」と述べました。

イスラム主義組織タリバンは去年2月、アフガニスタンを国際テロの拠点にしないことでアメリカと合意しましたが、情報機関の幹部らは「合意の履行は期待できない」との見方を示したということです。(15日19:15)