WHO・ウイルス起源諮問グループ 日本人含むメンバー候補発表

JNN/TBS
2021年10月14日 (木) 08:09

WHO=世界保健機関は、新型コロナウイルスなど新規病原体の起源に関する新たな諮問グループを作り、13日、日本人を含むメンバーの候補を発表しました。

WHOは13日、新たに設置した新規病原体の起源に関する諮問グループ「SAGO」のメンバーとして、700人の応募者から選んだ日本人1人を含む26人の候補者を発表しました。

候補者について疫学などさまざまな分野の専門家で、地理的および性別の多様性が反映されていると説明。今後、2週間の公聴期間を経て活動を開始する予定で、新型コロナウイルスの起源の研究についても、独立した評価や今後の課題をWHOにアドバイスする役割を担うということです。

WHOはこれまでに中国・武漢にあるウイルス研究所の監査を含めた再調査を提案していますが、中国は拒否する姿勢を示しています。(14日04:41)