岸田首相 病院のコロナ対応への貢献「見える化」する方針

JNN/TBS
2021年10月14日 (木) 14:11

岸田総理は就任後初めて政府分科会の尾身会長と会談し、政府があすにも発表する今後のコロナウイルス対策の全体像について意見交換しました。

政府分科会 尾身茂会長
「今日総理のいわゆる全体像っていうのを見せていただきましたけども。リーダーシップを発揮していただきたいということをお願いしたということです」

岸田総理は総理就任後初めて分科会の尾身会長と会談し、政府があすにも発表する今後のコロナ対策の全体像について尾身氏の意見を求めました。

尾身氏によると、コロナ対策の全体像の骨格については、▼医療の提供体制の強化、▼検査体制の拡充、▼感染再拡大時の早期対策などが明記され、具体的には、病院のコロナ対応に関する貢献の「見える化」などが盛り込まれる方針だということです。(14日13:23)