中ロが海上合同軍事演習 日米豪印の共同訓練をけん制か

JNN/TBS
2021年10月15日 (金) 06:21

中国とロシアの海軍が合同軍事演習を始めたと、中国共産党系メディアが伝えました。

中国共産党系国際紙「環球時報」によりますと、14日、中国とロシアの海軍がロシア極東のウラジオストク近くの日本海で合同軍事演習を始めました。

この演習には、去年就役した中国のミサイル駆逐艦「南昌」が初めて海外で軍事演習に参加したということです。演習では、編隊を組んで機雷のある地域を通過するほか、海上での射撃などを行うとしています。

今月11日からはインド洋のベンガル湾で日米豪印の4か国の枠組み「クアッド」による共同訓練「マラバール」が始まっていて、中ロの合同軍事演習は、この動きをけん制する狙いもあるとみられます。(15日02:26)