中国 独自の宇宙ステーションに初の女性宇宙飛行士

JNN/TBS
2021年10月15日 (金) 06:26

中国が独自に建設中の宇宙ステーションに、中国の女性宇宙飛行士が初めて長期滞在することになりました。中国当局は16日の未明に打ち上げを行うとしています。

中国の宇宙開発当局は14日、独自に建設中の宇宙ステーションに向け、有人宇宙船「神舟13号」を載せたロケットを甘粛省から日本時間の16日午前1時23分に打ち上げると発表しました。「神舟13号」には3人の宇宙飛行士が乗る予定で、このうち王亜平さん(41)は女性として初めて宇宙ステーションに長期滞在することになります。

宇宙ステーションでは、すでに3人の宇宙飛行士が3か月間の滞在後、先月帰還したばかりで、今回の3人は第二陣にあたり、半年間という長期滞在の実証実験を行うということです。

「宇宙強国」を掲げる習近平指導部としては、今後も有人宇宙船と無人貨物宇宙船を相次いで打ち上げ、2022年の宇宙ステーション完成を目指し、建設を加速させたい考えとみられます。(15日01:46)