スウェーデン初の女性首相誕生も直後辞任

JNN/TBS
2021年11月25日 (木) 10:43

スウェーデンに初めての女性首相が誕生しましたが、直後から波乱の展開となりました。

スウェーデン議会は24日、ロヴェーン首相の後任を決める採決で、与党・社会民主労働党の党首を引き継いだアンデション財務相を新たな首相として承認しました。アンデション氏は連立相手の緑の党が賛成したほか、前政権で閣外協力をしてきた中央党と左翼党が棄権したことで僅差で承認されました。

しかし、直後に政府与党が提出した予算案が否決され、中央党などの野党が共同で提出した予算案が賛成多数で可決。予算案には提出に加わった極右のスウェーデン民主党の意見も反映されているため、方針が大きく異なる緑の党が連立与党を離脱すると表明しました。

これを受け、アンデション氏は首相を辞任しました。今後、改めて首相を決める議会投票が行われます。(25日09:23)