国民民主 「対決より解決が一定評価」と衆院総括

JNN/TBS
2021年11月26日 (金) 01:02
国民民主 「対決より解決が一定評価」と衆院総括

国民民主党は、先月行われた衆院選について「対決より解決の姿勢が一定程度評価された」などとする総括をまとめました。

国民民主党は衆院選で、公示前の8議席から3議席増やし、11議席となりました。25日に発表した総括では「対決より解決の姿勢、改革中道の一貫した姿勢が一定程度評価された」とする一方、他の野党との選挙協力については「選挙区調整を優先した結果、小選挙区に候補者を擁立できなかった道府県においては、党の存在感を低下させることとなった」と分析しています。

玉木代表は会見で、「来年の参院選に向けて、できる限り多くの選挙区で候補者を擁立していく」と述べました。(25日19:25)