G7閣僚会合 日光市へ誘致目指す 栃木県

JNN/TBS
2021年11月26日 (金) 01:01

栃木県の福田知事は、2023年のG7サミット=主要7か国首脳会議の閣僚会合について、日光市への誘致を目指す考えを明らかにしました。

栃木県 福田富一知事
「首脳会議にあわせて分野ごとに開催される閣僚会合について、日光市を開催地として立候補する」

栃木県の福田知事は25日の記者会見で、2023年に日本で開催予定のG7サミット=主要7か国首脳会議の閣僚会合について、日光市への誘致を目指す考えを明らかにしました。会場は、奥日光の中禅寺湖付近を想定しているということです。理由として、日光市は自然が豊かなことや、国際的な避暑地であり、国際会議ができる環境が整ってきたことを挙げています。

外務省への申請の期限は来月20日までとなっていて、これまで新潟市や仙台市など複数の自治体が誘致に名乗りを上げています。候補地の決定は、来年4月から6月頃になる見込みだということです。

福田知事は「日光の歴史や自然などの特色を生かしながら関係者と十分に連携・協力し、誘致活動に取り組んでいく」としています。(25日18:56)