映画監督・河瀬直美さんがユネスコ親善大使に

JNN/TBS
2021年11月26日 (金) 10:05

映画監督の河瀬直美さんが、ユネスコ=国連教育科学文化機関の親善大使に任命されました。

記者
「ユネスコの親善大使に任命された河瀬直美さん。日本人の女性としては初めてとなります」

奈良県を拠点に活動する映画監督・河瀬直美さんは25日、ユネスコ親善大使に任命され、フランス・パリのユネスコ本部で任命式が行われました。河瀬さんは2007年に映画「殯(もがり)の森」でカンヌ国際映画祭の最高賞に次ぐグランプリを受賞するなど国際的に活躍。

ユネスコは任命理由として「あらゆる年代の女性に焦点を当てた映画などを通じ、文化産業におけるジェンダー平等の推進に貢献した」と評価しています。

映画監督 河瀬直美さん
「小さな多様な声をそういう価値観に光をあてて、そして確かな私たちの命のきらめき、そういうものに気付かなければいけない」

日本人のユネスコ親善大使は、画家の平山郁夫さんらに続き5人目で、女性としては初めてです。(26日09:28)