日経平均株価 感染再拡大懸念から一時800円超値下がり

JNN/TBS
2021年11月26日 (金) 13:56

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、南アフリカで新型コロナの新たな変異ウイルスが確認されたことなどを背景に一時800円を超える大幅な値下がりとなっています。

きょうの日経平均株価は、朝から売り注文が広がり、下げ幅が一時800円を超え、取引時間中としておよそ1か月ぶりに2万9000円を割り込みました。

南アフリカで新型コロナの新たな変異ウイルスが確認されたことで、感染再拡大への懸念から売り注文が集まった形です。

これに伴い、変異ウイルスの影響が懸念される「日本航空」や、「ANAホールディングス」といった航空関連や、エイチ・アイ・エスなどの旅行関連の株が大きく値を下げています。(26日12:37)