岸田首相「3%賃上げに期待」来年の春闘見据え賃上げ等議論

JNN/TBS
2021年11月26日 (金) 15:11

来年の春闘を見据え、岸田総理は「コロナ前の水準に戻った企業には、3%を超える賃上げを期待する」と述べました。

岸田首相
「業績がコロナ前の水準を回復した企業について、新しい資本主義の起動にふさわしい3%を超える賃上げを期待いたします」

政府は「新しい資本主義実現会議」を開き、来年の春闘を見据え、賃金の引き上げなどに向けた議論を行いました。岸田総理が議長を務めるこの会議には、経団連の十倉会長など経済界のトップらが出席しました。

政府からは2019年以降の春闘から賃上げ率が低下傾向にあることや、企業が保有する現預金が増加している一方で、人件費が減少傾向にあるなどのデータが示されました。岸田総理はこうした議論を踏まえた賃上げを通じて、岸田総理が掲げる「成長と分配の好循環」に向け、分厚い中間層の拡大につなげたい考えがあるとみられます。(26日14:22)